諸費用と不動産仲介料

まちの不動産 桜コンサルティング
まちの不動産桜コンサルティング

家を売るとき買うときには、物件以外に諸費用がかかります。ここではどんな費用が掛かるのか確認しましょう。    

•固定資産税
固定資産税は、毎年1月1日(賦課期日)現在の土地。家屋および償却資産(これらを固定資産と言います)の
所有者に対し、固定資産の価格をもとに算定される税額をその固定資産の所在する市町村が課税する税金です。

•都市計画税
都市計画税とは、原則として市街化区域内の「土地・家屋(償却資産を除く)」を所有している者に課税される
「地方税のうちの市町村税」のことで、納付された税金は、「公園・道路・下水道などの都市計画事業・土地区画整理事業など」に充てられる目的税です。

•仲介手数料
戸建、マンションともに物件を売買すると不動産業者に手数料として成約価格の3%+6万円を支払います。
宅地建物取引業法の「報酬額の規制」により決められており正確には下記の通りです。

売買に関わる代金が200万円以下        ⇒成約価格の5%
売買に関わる代金が200万円超400万円以下  ⇒成約価格の4%+2万円
売買に関わる価格が400万円超         ⇒成約価格の3%+6万円

•登録免許税
土地・家・マンションなどを売買したときに、自分の権利を明らかにする為に所有権の保存登記・移転登記などをします。
または、銀行等からお金を借りる場合にも、抵当権、根抵当権の設定登記をする事になります。
登記をするときに「登録免許税」という税金がかかります。

それでは、実際に家を購入する場合を見てみましょう。

例)新築戸建 2350万円を購入。

 住宅ローン借入2500万円:内訳(物件2350万+諸費用150万)とします。

1、契約から決済までにかかる費用
印紙税(売買契約文書作成分      10.000円
印紙税(住宅ローン分)         20.200円
小計                 30.200円

2、引き渡し時にかかる費用(登録免許税と調査士・司法書士手数料)
 土地家屋調査士(表示登記費用)     約90.000円

司法書士費用(登記・抵当権設定等)    約250.000円     
 固定資産税等清算金           約10.000円(日割りで変動します)
仲介手数料                826.200円
小計                 1.236.600円


3、融資実行時にかかる費用
ローン手数料               32.400円(銀行の手数料) 
 保証料、保証会社事務手数料       400.000円
 ※団体信用生命保険料は0円とする
火災保険料(10年分一時払い)      300.000円
小計                  732.400円
4、取得後にかかる費用
家具・家電・オプション等        300.000円

引っ越し代               100.000円
 小計                   400.000円

総計で                2.369.000円

おおよそですが、2350万円の新築住宅を購入した場合は、約237万円の諸費用がかかります。

※物件価格の10%位諸費用が必要となります。

※諸費用も住宅ローンで組めます、物件価格の110%は借入できます(銀行によってもっと借入できます)

※諸費用のなかで一番ウェイトを占めているのは仲介手数料です。

不動産仲介業者に支払う仲介手数料は、(売買代金の3%+6万円)+消費税となりますので、

この例の場合は
不動産仲介業者がお客様に請求出来る上限額は、約82万円となるわけです。

あくまで法律で決められた手数料の上限額ですから、これ以下で購入出来ればお得になります

当店が仲介手数料を最大無料(0円)にできるわけは?

理由は「仲介手数料について」をご覧ください。

まちの不動産桜コンサルティング