仲介手数料について

デザイナーズハウス

両手と片手の違い

家を売る方、家を買う方は不動産仲介業者に対して、売買契約に基づく手数料として「売買代金400万円超の場合」 それぞれ3%の仲介手数料を業者にお支払いすることになります。

よって、売買契約を結ぶときは
基本的に売主からの3%と買主からの3%で合計6%の仲介手数料が発生する訳です。

そして売買契約は、ひとつの不動産業者のみで行われる場合と、二つの不動産業者間で行われる場合の大きく分けて2タイプあります。

【ひとつの不動産業者で売買契約を行う場合】両手

不動産仲介業者は売主側から3%+買主側から3%=6%の仲介手数料を受け取る事ができます。

【二つの不動産業者で売買契約を行う場合】片手

売主から3% ⇒ 不動産仲介業者 A
買主から3% ⇒ 不動産仲介業者 B

となり、それぞれの業者は3%ずつの仲介手数料を受け取ることが出来ます。

仲介手数料の値引きと手数料「0円」が可能!?

すなわち、2つの不動産仲介業者が関わっている契約(片手)の場合は3%の仲介手数料からお値引きするのは至難ですが、
ひとつの仲介業者が関わっている契約(両手)の場合は、6%の仲介手数料を値引く(調整)することも、最大どちらかを0円にすることも可能になる訳です。

*大手不動産仲介業者では仲介手数料を値引く(調整)する行為はあまり行われていないのが実情です。

 当店は、新築一戸建て仲介手数料無料のサービスを行っています。

※例えば、アーネストワン・飯田産業・東栄住宅・タクトホーム・アイディホーム・一建設・ホークワン・ケイアイスター・永大さん等新築ビルダーさんの物件は仲介手数料が無料です。アットホーム・SUUMOの掲載物件、現地販売会の物件等、気になる物件は、お気軽にお問い合わせ下さい。

※引越し祝い金としてキャシュバックをお選びいただくことも可能です。

まちの不動産桜コンサルティング