· 

家を買おうと思ったら用意するもの

住宅ローン事前審査に必要なものはこれだけ

内見する前に用意しておくもの

内見前に「ローン事前審査の必要書類」を用意しましょう。

 

【会社員・公務員】なら

①本人確認書類:運転免許証と健康保険証の裏表のコピー

②源泉徴収票 直近2年分

③印鑑(実印)

 

内見して購入物件を決めたら、すぐに住宅ローンの事前審査(銀行によっては仮審査という)を申し込みます。事前審査の結果で購入が決まります。審査書類が揃わず、タッチの差で買えなかった方を多数見てきました。

 

ローン事前審査に使うものはどこの金融機関でも殆ど同じです。

①運転免許証を持っていない方は顔写真付きの本人確認書類(パスポート・個人番号カード等)を用意。

「源泉票を無くした」という方はホントに多いです。源泉票が無いと審査してもらえません。収入合算するときは合算者分も必要です。

③事前審査の段階では、三文判でも受け付けてくれますが、ローン本申し込みには実印が必須です。

 ※家を買うなら、今すぐ印鑑登録をしましょう(現金購入なら不要です)

 

その他、勤続年数が少ない場合は直近1~2年分の給与明細や、国民健康保険・国民年金の方は直近1年分の納付書や納税証明が必要になる場合があります(この辺は金融機関によって変わります)不動産屋に必要書類を聞いておくと慌てずに済みます。

 

【会社役員】なら

会社決算書 3年分・給与証明書 3年分 会社概要書

【自営業者】なら

確定申告書 3年分 納税証明書3年分 事業概要書

を用意しておくと、スムーズに進みます。

 

「ローンの事前審査に時間が掛かり、他の人に買われてしまった」ということが無いように

必要書類を準備してから家さがしを始めましょう。

LINEでお問合せ

友だち追加

メールのお問合せはコチラから

メモ: * は入力必須項目です