· 

家を買おうと思ったら用意するもの

物件が決まったら即行動できるように

購入物件が決まったのに、他の人に買われてしまった!ということはよくあります。特に決算値下げで買いごろになった物件は要注意です。内見前に「購入資金を証明できるもの」を用意して不動産屋とローン相談しましょう。

希望物件をスムーズに買うために

購入希望の物件を決めたら売主へ購入希望を伝えます。

あなたが購入資金を用意できることを証明しなければ売ってもらえません。

現金一括で購入する方は資金が証明できる預金通帳を用意しましょう。

住宅ローンを利用する方は「ローン事前審査の必要書類」を用意しましょう。

 

【会社員・公務員】

①本人確認書類:顔社員付き公的機関が発行したもの(運転免許証・マイナンバーカード・パスポート)

②健康保険証の裏表のコピー

③源泉徴収票 直近2年分

④印鑑(印鑑が不要な銀行も増えてきました)

 

購入物件を決めたら、住宅ローンの事前審査(銀行によっては仮審査という)を申し込みます。事前審査で承認が出れば売買契約ができます。審査書類が揃わず、タッチの差で買えないことはよくあります。

 

勤続年数が一年未満の方は直近1~2年分の給与明細。

国民健康保険・国民年金の方は直近1年分の納付書や納税証明が必要になる場合があります(この辺は金融機関によって変わります)

 

【会社役員】は追加で

会社決算書 3年分・給与証明書 3年分 会社概要書

【自営業者】は追加で

確定申告書 3年分 納税証明書3年分 事業概要書

を用意しておくと、スムーズに進みます。

 

「ローンの事前審査に時間が掛かり、他の人に買われてしまった」ということが無いように

必要書類を準備してから家さがしを始めましょう。

《この記事を書いた人》

桜コンサルティング 菅弘之 宅地建物取引士・2級FP技能士(個人資産相談業務)

埼玉県幸手市の不動産屋です。実務からの情報をお伝えしています、お気軽にご相談ください。

新築一戸建ての仲介手数料無料サービスを始めて10年になります、あなたもお得に購入しませんか?

《前の記事  次の記事》

LINEでお問合せ

友だち追加

メールのお問合せはコチラから

メモ: * は入力必須項目です