· 

住宅ローンの選び方:団信保険はポイントです!

団体信用保険(以下団信と略)とは、「ローン借りている人が亡くなった場合、保険で残債を払う。保険料は住宅ローンの金利に含まれている」というものです。金利を上乗せして病気やケガに備えることができる商品や、金利上乗せ無しでガン50%や全疾病保証も0円という商品も出てきました。

 

まずは、ネット銀行から(令和元年7月現在の条件です)

 

住信SBIネット銀行全疾病保障が「保険料無料」で基本付帯。すべての病気・ケガをカバー。

変動金利は0.447%(三井住友信託銀行の口座開設で0.01%引き下げ)これは随分いい条件のように見えます。ところが、保険の観点からみると条件が厳しいです。

ポイント!「働けないまま12か月経過したら住宅ローンの残高が0円」は厳しい。

※12か月乗り切る貯蓄が無いと、生活が破綻する。

 

じぶん銀行変動金利は0.47%。保険料無料でガン50%保証団信。これは「ガンと診断確定されたらローン残高の1/2になる」というもの。保険としては中途半端(ホントにおまけ)

2019年3月から、金利0.2%上乗せでガン100%保証団信という商品が出ました。

他には、金利0.3%上乗せで①ワイド団信と②11疾病保障団信があります。

ポイント!①ワイド団信は、高血圧、糖尿病、肝機能障害などで団信に加入できない場合に使うもの

10種類の生活習慣病で入院が180日以上となったらローン残高0円(まあ、普通の内容です)

 

次に、埼玉の地方銀行を見てみましょう。

 

武蔵野銀行~「スーパー大満足(商品名)」は、変動金利0.600%~0.725%(審査で幅あり)

借り入れ時に40才未満なら、保険料無料でガン保証(40歳以上は金利0.2%上乗せ)これはガンと診断されたら残高0円になり、ガンが治った後も住宅ローンは0円というもので保険として意味が大きいものです。

8大疾病保障は、40才未満金利0.15%、40歳以上は金利0.3%の上乗せで付けられます(但し、加入時51才未満で最終返済時81才を超えないこと)

肝心の保障内容は、「ガンと診断されたら」「脳卒中・急性心筋梗塞で所定の状態が60日以上」「5つの重度慢性疾患で就業不能状態が12か月続いたら」住宅ローン残高が0円。さらに入院等の就業不能状態が継続した場合月々のローン返済が0円に。というもの。

この位、保障があれば、生命保険を見直して家計を組みなおすことができます。

 

武蔵野銀行の団信は、ガン、8大疾病の保障を付けたい方向け。特に40才以下の方はお得な内容です。

40才以上でも、月々2千円程度の負担でここまでの保障がつけられるならお得な内容です。

 ケガの保障は付いていませんが、別途生命保険でカバーすると良いと思います。

 

団信保険については、まだまだ続きます。

ラインでいつでもお問合せ下さい

友だち追加

メールのお問合せはコチラ

メモ: * は入力必須項目です