· 

住宅ローン:団信保険って何ですか?

住宅ローンを選ぶ理由の第3位は団信保険の内容
住宅ローンの団体信用保険について

団体信用保険の略です、返済中にもしものことがあると残債がチャラになります

基本は死亡保障と高機能障害、ガン保障や8大疾病保障もあります。

団体信用保険(以下団信と略)とは「ローン返済中に亡くなった場合に残債を払う保険のことです。保険料は住宅ローンの金利に含まれている」というものです。

年々内容が充実して来ており、金利を上乗せして病気やケガに備えることができる商品や、金利上乗せ無しでガンや全疾病保障という商品も出てきました。

住宅金融支援機構のレポートによると「ローン選びの際に、金利に次いで2番目に重視されている」項目です。

どういうものか、実例を挙げてみます。

 

・ネット銀行は、金利上乗せ無しで保障範囲の広いローンを出しています。(令和2年8月現在の条件です)

 

住信SBIネット銀行全疾病保障が「保険料無料」で基本付帯、すべての病気・ケガをカバー。

変動金利は最優遇で、0.41%と随分いい条件のように見えます。

ところが、保険の観点からみると条件が厳しいです。

 

ガン保障の内容保険期間中にガンと診断確定され、標準的な治療の指針にもとづく治療をすべて受けたが効果がなかったなどと保険会社により判断されたときに、被保険者の請求により保険金が支払われます。(出典:住信SBI銀行HP)

⇒実質、死亡保障と同じ。

 

全疾病保障の内容:全疾病とは、8疾病として定められた疾病と、8疾病以外の病気やケガの2分類から構成されます。

ガン(悪性新生物)、急性心筋梗塞、脳卒中、高血圧症、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変、慢性膵炎の8つの病気の総称をここでは8疾病といいます。

主な保障内容は、「月々のローン返済に対する保障」と「ローン債務残高に対する保障」となります。(出典:住信SBI銀行HP)

「働けない状態になったら、12か月間は月々のローン支払い額を保障」

「その後、12か月が経過したら住宅ローンの残高が0円」

⇒多分、死亡保障と殆ど変わらない。

 

じぶん銀行変動金利は0.410%。保険料無料でガン50%保証団信。これは「ガンと診断確定されたらローン残高が1/2になる」というもの、ガンが治ったらローン残債の半額を返していくことになります。

金利0.2%上乗せでガン100%保証団信という商品があります(0.41%+0.2%)=金利0.61%、ガン保障で選ぶならこちらにしましょう。

他には、金利0.3%上乗せで①ワイド団信と、②11疾病保障団信があります。

①ワイド団信は、高血圧、糖尿病、肝機能障害などで、通常の団信に加入できない場合に使えます。

②11疾病保障団信は、10種類の生活習慣病で入院が180日以上となったら、ローン残高が0円となります。

※厚生労働省によると、生活習慣病は、死因の6割(そのうち約3割がガン)を占めています。

埼玉りそな銀行、武蔵野銀行の団信保険を解説

次に、埼玉の地方銀行を見てみましょう。

 

埼玉りそな銀行:変動金利0.47%(事務手数料型)が低金利で人気です、事務手数料型も保証料型も一般団信保険は死亡・高機能障害を保障しています。

 

3大疾病保障特約付団信は、金利上乗せ0.25%で加入、がん・急性心筋梗塞・脳卒中と医師から診断された場合、

住宅ローン残高が0円になる特約付きの団信です。

 

団信革命(特定状態保障特約付住宅ローン)金利上乗せ0.3%で加入3大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)に、病気やケガ・要介護状態などもカバーしています。所定の状態に該当する場合、住宅ローン残高が0円になる保障が付いた住宅ローンです。

ケガの理由は問われず、交通事故にも対応しています。仕事に復帰してもローン残高0円になるのも良いと思います。

 

埼玉りそな銀行で住宅ローンを借りる方の約5割が加入されているとのこと(但し、加入時年齢は49才まで)

変動金利0.47%+0.3%で、仕上がり金利が0.77%~と低金利で保障を充実させたい方に向いています。

例えば、2000万円を変動金利0.47%:期間35年で借入した場合、金利を0.3%乗せで、月々2686円の負担で団信革命に加入できます。

 

 

武蔵野銀行「スーパー大満足(商品名)」は、変動金利0.600%~0.725%(審査で幅あり、令和2年6月金利)

 

ガン保障:借り入れ時に40才未満なら保険料無料、40歳以上は金利0.2%上乗せで、ガンと診断されたら残高0円

ガンが治った後も住宅ローンは0円というものです。

今やガンは治る病気になりました、多くの方が仕事に復帰していることを考えるとこの保障は安心感があります。

 

8大疾病保障は、40才未満金利0.15%、40歳以上は金利0.3%の上乗せで付けられます(但し、加入時51才未満で最終返済時81才を超えないこと)

障内容は、「ガンと診断されたら」「脳卒中・急性心筋梗塞で所定の状態が60日以上」

「5つの重度慢性疾患で就業不能状態が12か月続いたら」住宅ローン残高が0円。

さらに入院等の就業不能状態が継続した場合月々のローン返済が0円に。というもの。

この位、保障があれば、生命保険を見直して家計を組みなおすことができます。

武蔵野銀行の団信は、ガン、8大疾病の保障を付けたい方向け。特に40才以下の方はお得な内容です。

40才以上でも、月々2千円程度の負担でここまでの保障がつけられるならお得な内容です。

 ケガの保障は付いていませんが、別途生命保険でカバーすると良いと思います。

 

JAバンクの「サポート3」は、金利0.1%上乗せで「ガン、急性心筋梗塞、脳卒中と診断されたらローン残高が0になるというもの。

例えば、JAみずほの場合、変動金利は0.5%(キャンペーン金利令和2年9/30迄)+0.1%乗せで、仕上がり金利0.6%で3大疾病保障付です。加入年齢は50才以下となっています。

 

※注:JAバンクは、埼玉県内に15の組合があり夫々経営が違うため金利や手数料が異なります。

まとめ

・団体信用保険は、ローン金利に含まれていて死亡保障と高機能障害が基本⇒死亡又は高機能障害になったら残債が0になる。

 

・近年は、ガン・3大疾病・8大疾病を保障する商品が充実しており、ローン選びの際に検討される方が多い。

・無料で、ガン・三大疾病等に対応しているものもあるが、内容はそれなりというものが多い

・埼玉りそなの団信革命は、金利0.3%乗せで保障が充実している。(加入は50才未満)

・武蔵野銀行のガン保障はガンと診断されたら治っても残債0になる(無料で加入できるのは40才未満)

・JAバンクの三大疾病は診断されたら残債0が0.1%上乗せで付加できる(加入は50才以下)

 

団信保険はローンの残債が0(商品によっては半分)になるものです、生命保険と組み合わせてリスクに備えるようにしましょう。

 また、保険なので、加入の年齢制限があることと、年齢の未満と以下に注意しましょう。

埼玉で住宅購入のコンサルティングをしています。新築一戸建て・リフォームマンションは仲介手数料無料。

〈この記事を書いた人〉

桜コンサルティング 代表 菅弘之

宅地建物取引士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士(個人資産相談業務)

埼玉で個人向けの不動産コンサルティングに特化したサービス提供しています。

安心・安全かつリーズナブルな取引をお約束します。

 

家を買いたいと思ったら、お気軽に相談ください。お問合せはLINEでOKです。
アットホームやSUUMOに掲載されている新築一戸建ては殆ど仲介手数料無料で紹介できます。(他社広告掲載、他社現地販売等)

〈前の記事   次の記事〉

ラインでいつでもお問合せ下さい

友だち追加

メールのお問合せはコチラ

メモ: * は入力必須項目です