· 

新築一戸建ての契約から引き渡しまでの期間について

購入申し込みから引き渡しまでのスケジュールはタイトです

売買契約から引き渡しまでは約3週間(完成物件の場合)

 

希望のお家が見つかり、売主へ購入を申し込み(買付書面提出)売主と価格・条件が折り合いがつくと

 

おめでとうございます!売買契約です。

通常、購入申し込みから売買契約までは1週間、そして売買契約から引き渡し迄3週間です(完成している物件の場合)

決済引き渡し日は契約書に記載する事項です。引き渡し日までに代金が用意できない場合は購入できないということになります。

 

「申し込みから引き渡しまで一か月もあれば十分じゃん!」と思う方も多いかと思いますが、

住宅ローンと火災保険の契約をして、オプション工事を検討、引っ越しの手配等スケジュールはタイトです!

 

購入を決めたら引き渡しまでに3つの契約を結びます

・売主とは物件の売買契約

・銀行とは住宅ローンの契約

・保険会社と火災保険の契約

 

購入を決めてから引き渡しまでのスケジュール

①売主へ書面で購入申し込み:価格・引き渡しの条件交渉はここで決めます(このあとは価格交渉ができませんので注意)

②銀行へローンの事前審査を申込む⇒2.3日でローンの結果が分かります、事前審査が通らないと契約へ進めません

③重要事項説明後、売主と売買契約を締結します。

④売買契約後、ローン本審査を申込⇒本審査は1週間くらいかかります。売買契約後にローンの本承認が出ない場合は契約解除となります(ローン特約)

⑤本審査が承認されたら、銀行で住宅ローンの契約(金銭消費貸借契約といいます)

⑥現地にて売主・買主立ち合い(建物・土地の説明を受けて確認、この時建物に不具合があれば引き渡しまでに補修してもらう)

⑦火災保険加入(住宅ローンは火災保険加入が必須)

⑧決済引き渡し(住宅ローンが実行され、お金の精算と引き換えに建物の鍵を貰う、通常は銀行で行う)

不動産屋はなぜ急かすのか?

①の申し込みから③の売買契約迄は1週間以内、例えば6/1なら6/7迄に売買契約をすることになります。

 銀行にもよりますが、事前審査は申込から2~3日で結果が分かります。審査申込の際に源泉徴収票が無く、勤務先に再発行(よくあります)などで審査を申し込めなかったり、希望の金額迄ローンが通らなかった(減額)、審査自体が通らなくて他の金融機関に審査を依頼したりなど、思い通りに進まないことは良くあります。

ローンの事前審査が通らないと売買契約ができず。もたもたしていると他の購入希望者に買われてしまうことになります。

売買契約後、ローンの本審査で契約書に記載した日までにローンの本承認が得られないと、売買契約は無かったことになってしまいます(ローン特約)条件の良いローンが無いかとあれこれ選んでいて期限が来てしまうことは避けなければなりません。

不動産仲介は成功報酬の為、引き渡し迄は気が抜けません。不動産屋が急かすのはそういう理由があります。

火災保険の契約は引き渡し日迄に

マイホームを手に入れたら、維持管理は自己責任になります。火災はそんなに無いとはいえ、台風、水災、地震、盗難等の災害に備えて火災保険に加入することになります(住宅ローンの条件です)

賃貸では、家財の保険のみ加入していたと思います。建物はオーナーさん負担で、火災保険の必要性は感じていなかったと思います。

建物・家財・地震保険を合わせると掛け金は高額になります。十分に内容を精査して契約をしましょう。

 

火災保険については、別記事「火災保険は必要ですか?」を参照ください。

オプション工事や引っ越しのことを決めるのは引き渡し後で大丈夫?

決済引き渡し後に、ゆっくりと引っ越し準備をするならば、テレビアンテナやエアコン工事等のオプションを急いで決める必要はないかと思います。但し銀行ローン(諸費用分)でオプション代金や引っ越し代を払うならば、住宅ローンの契約日までに内容と業者を決めて見積もりを銀行に提出し、承認してもらう必要があります。住宅ローンは使い道が決まらなく余った場合は返さなければならない(繰り上げ返済)ものなのです。

気になる物件はLINE・メールでお問合せ下さい、仲介手数料無料でお取り扱いできるかお答えいたします。

埼玉県の新築一戸建てを仲介手数料無料で仲介しています。アットホーム・SUUMO等の掲載掲載物件(他社掲載でOK)や他業者の現地販売物件で気になるものがありましたらご連絡下さい。購入見積もり返信いたします。

LINEでお問い合わせ

友だち追加

メールはこちらから

メモ: * は入力必須項目です