· 

【住宅ローンの審査落ち】再チャレンジの前に確認することは

銀行はあなたのことを忘れない、再審査のポイント解説

銀行はあなたのことを忘れない、ローン再審査のポイント
住宅ローン審査に落ちたら、再審査の前に確認すること

最初に「いつ、どこの住宅ローンが否決だったのか」を確認します

「以前住宅ローンの審査が通らなかったことがあります、住宅ローンを借りる方法を教えて欲しい」というご相談をよく受けます。

お伺いすると「不動産屋まかせでローン審査を出したので、どこの金融機関だったかわからない」「何年前だったか忘れた」という方が結構いらっしゃいます。

住宅ローンの審査記録は金融機関と保証会社が持ち続けています。そのため、いつ、どこの金融機関に審査を出したのかを把握することから始めます。

次に、以下の項目が無いか確認します

住宅ローン審査で否決の場合、多くは以下の理由です。

《個人信用情報》過去にクレジットやローンの延滞、未払いはありませんか。

《返済比率》 収入と借入のバランス、オートローン等を返済中で希望の借入金額に届かなかった。

《職業》銀行の住宅ローンは、正社員か公務員以外は借入が難しい。勤務形態、職種、自営業者かどうかを確認します。

《職歴》勤続1年未満、自営3年未満、転職が多い。

《その他》10年以内に頻繁に引っ越ししたり、結婚、再婚、養子縁組等で何度か氏名が変わってる。

個人信用情報を開示しましょう

事前審査で否決になるのは、個人信用情報がほとんどです。口座に入金を忘れてクレジットやローンの引き落としが間に合わないことが何度かあると、個人信用情報に問題ありとなり住宅ローンの審査が通らないということになります。

金融機関(保証会社)は、次の3つの信用情報機関で個人情報を照会します。

スマホやPCとクレジットカードがあれば自分で簡単に確認できます、手数料は1000円、3つ確認しても3000円です。

※ネット環境とクレジットカードがないと請求に手間と時間が掛かります。

 

【あなたの個人信用情報を確認してみましょう】※青字をクリックでサイトに移動します。

C.I.Cインターネット開示

CICは主にクレジット会社の取引状況を確認できる機関です。他にJICC(主に消費者金融)と全銀協(銀行取引)という信用機関があり、金融機関はこの3つを確認します。以下の2つの信用情報機関は取引がある方のみ確認してみましょう。

 

②JICCインターネット開示 を確認しましょう(手数料1000円):消費者金融の取引状況のサイト、消費者金融の借り入れがある方。

 

全銀協本人開示 を確認しましょう(手数料1000円):銀行取引のサイトです、自営業でなければ取引自体が無いと思います。

 

個人信用情報に問題が無ければ、借入できそうな銀行を探すことになります。

問題があればデータが消える迄待ちましょう。

銀行はあなたのことを忘れない

銀行と保証会社は事前審査が通らなかった人の情報を【10年は保管】しています。

最初に「いつ、どの銀行に断られたのか」を確認する理由です。

信用情報機関は5~7年間の情報を保管しており、期間が過ぎるとマイナス情報が消えていきます。

 

(信用情報が理由で断られた銀行・保証会社に)再び事前審査を頼んでも秒速で却下されます。

金融機関が違っても同じ保証会社を使っているケースも多くあります。例)全国保証やかんそうしん、しんきん保証等々

 

あなたの過去情報を持っていない金融機関・保証会社に審査を出しましょう。

 

【物件が理由でダメだった場合】

中古物件の場合は、築年数が古い等の理由で担保価値が低くローンが付かないこともありますが、その場合は理由を教えてくれます。新築一戸建ての場合はまず無いです。

 

【勤務先や雇用形態でダメだった場合】

自営業・派遣社員・契約社員・親族会社に勤務・パート等、正社員以外の方は、フラット35で申し込んでみましょう。

 

以上の手順で対策を立てローンの申し込みをしてみましょう。収入と借り入れのバランスが取れていて、個人情報に問題がなければ事前審査で断られることは殆どないです。

本審査は別の理由で断られるケースが多いのですが、理由が分かりますので対策は立てやすいです。

売りたい・買いたいときはLINE・メールでいつでもお問合せ下さい

埼玉県の新築一戸建てを仲介手数料無料でご紹介しています。アットホーム・SUUMO等の掲載物件(他社広告物件OK)、他業者様の現地販売物件等、お問合せ下さい。購入見積もり返信いたします。実は売却が得意です、売りたい方もお気軽にどうぞ!

《前の記事    次の記事》

友だち追加

メールはコチラから

メモ: * は入力必須項目です