· 

【売買契約後の】キャンセルは手付流しでOK?

仲介手数料の支払いを求められることも

売買契約書に署名捺印する
売買契約書に捺印

売買契約後のキャンセルで発生する費用

買主が売買契約後にキャンセルをするときには手付金の放棄をすることになります。

金銭的にそれではすまない場合があります。

①仲介不動産会社

②売主に分けて説明いたします。

 

《買主自己都合キャンセル》の注意点:売買契約後のキャンセル

仲介手数料の支払い義務~仲介手数料は売買契約締結で支払う手数料です。

仲介手数料の支払いは「売買契約時に半額を支払い、決済時に残額を支払う」というものと

「決済時全額支払い」というものがあります。

不動産屋によって違いますので、「媒介契約書」を確認しましょう。

自己都合でキャンセルする場合は、仲介手数料を満額支払うという一文が入っていることがあります。

例:2000万円(税抜き)の物件の場合は、3%+6万円と消費税10%で約70万円の仲介手数料の支払いを求められる場合があります。

また、ローン代行料の支払い契約がある場合は別途請求されます。

 

ちなみに、売主と不動産屋の媒介契約書には「決済引き渡しが仲介手数料の支払い条件」となっているケースが多いです。

 以上は仲介の不動産屋へ支払う手数料です。

 

②違約金の支払い~手付解除の期間を過ぎると違約金が発生します。売買代金の20%が多いです(売買契約書を確認)

 

例:2000万円の物件の場合は、2000万円×20%で400万円です。(そんなの払えないと思います)

違約金は売主へ支払うものです。

売買契約後に不動産屋の乗り換えはできる?

当店は、買主の仲介手数料無料です。

 

他社で売買契約をした物件を「一旦キャンセルして、買い直すことはできないか」というご相談をよく受けます。

手付金を流しても仲介手数料無料の金銭的メリットが大きいと思われがちですが

買主からの一方的な解除は、既に売買が成立しているため(前述のとおり)仲介手数料の支払い義務はあります。

媒介契約を締結する際に「決済引き渡しが仲介手数料の支払い条件」という一文を入れてもらうようにしましょう。

 

 売主は同じ物件で再度売買契約をしてくれないと思います。

「逆の立場で売主さんはどう考えると思いますか?」と説明するしかないのですが・・・

 

ということで、売買契約後の不動産屋の乗り換えは難しいです。

売買契約書にハンコを押す前に

不動産購入のアドバイスができる業者
売買契約後のキャンセル

売買契約後に解除するのは、買主に不利なことが多いことがお分かりいただけたでしょうか。

「重要事項説明を受け、売買契約書に署名捺印をした」という事実を覆すのは、それなりの不利益が生じます。

「媒介契約書」の内容も確認しましょう。

できることは、ハンコを押す前によく検討するしかありません。

 

家を買うときは、高額な商品を長期のローンを使って購入するのが普通です。

 

家さがしをする前に、あなたを適切にサポートしアドバイスできる業者を探しましょう。

幸いLINEやメールで問合せができる時代です、非対面のやり取りをしてから

最低でも3つの業者に会ってみることをお勧めします。

《この記事を書いた人》

桜コンサルティング代表 菅弘之 

宅地建物取引士 ファイナンシャル・プランナー(2級ファイナンシャルプランニング技能士)

埼玉県で住宅購入のコンサルティングをしています。新築建売・リフォームマンションは仲介手数料無料です

アットホーム・SUUMOに掲載されている新築建売(他社掲載物件OK)は、殆ど仲介手数料無料で紹介できます、気になるお家があれば気軽にお問合せ下さい。無料でご紹介できるかお答えします。お問合せはLINEでOKです。

友だち追加

そろそろ、家を買おうかな?と思ったらお気軽にお問合せ下さい。LINEの友だち追加で気軽に相談ください。

メモ: * は入力必須項目です

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。