· 

【国家資格】ローン審査で優遇されることがあります

資格が住宅ローン審査に有利な話
国家資格と住宅ローン審査の話

国家資格を評価する銀行は多いです

金融機関は、国家資格を評価してくれるところが多く、金利の優遇があったり、勤続が短くても審査が通ることがあります。

 

あなたが国家資格を持っていて

勤続が短い、転職回数が多いという理由で「ローン厳しいかな?」と思ったなら

資格をプラス評価してくれる銀行に申し込んでみましょう。

「自分の持ってる資格なんて、職場じゃ当たり前なものですよ」という方が多いのですが

「そんなことないよ」というケースが多いです。

次に、私が担当した方の資格をあげて説明してみます。

ポイント高い資格ってどういうもの

銀行が評価してくれる資格は、国家資格で民間資格は評価してくれないようです。

私は「資格と仕事」の関係や、資格の難易度についてはわかりませんが、

近年担当した方でも調理師、電気工事士、柔道整復師の方が優遇されています。

他の資格も優遇される可能性はあります。

 

優遇の内容は公表できませんが、皆さん「資格持っててよかった」とおっしゃっていました。

仕事に関する資格を持っている方は、ローン相談のときに申告しましょう。

不動産屋の国家資格「宅建士」はどういうもの?

宅建士について
宅建試験の話

不動産屋の国家資格は「宅地建物取引士」です。

毎年多くの方が受験するマンモス試験で今年は26万人が受験申込しています。※府中市や墨田区の人口と同じくらいです

 

【宅建士の仕事とは】

①事業所で働く5人に1人は宅建士がいなくてはならない(必置義務)

②重要事項説明をする(独占業務)

③売買契約書に記名捺印をする(独占業務)

不動産屋には必ず居なくてはならず、宅建士がいないと仕事ができません。

 

※東急リバブルのCMは「営業マンの98%が宅建士」とTVでPRしています。

大手は宅建を持っているのが当たり前ですが、中小は本当に5人に1人くらいしかいません。

宅建士は、男女問わず、充分役に立つ資格です。

 

【試験の概要】

①試験は年1回、10月の第三日曜日※今年は12月27日もあります

②受験資格はなく誰でも受けられる

③択一試験で2時間

 

合格率は例年15%程度です。

誰でも受けられる資格で、持っていると需要があります。

宅建を持っていない営業マンに伝えたいこと

連日、お仕事ご苦労様です。

仕事の合間に試験勉強をするのはとても大変なことです。

 

宅建なんて持ってなくても、営業成績に関係ないというのは事実です。

営業のセンスは生まれつきの適性に大きく左右されるもので、勉強して身につくものではないからです。

 

この先、勤め先のリストラがあるかもしれません。

 あなたに営業センスと若さがあれば他業種でも活躍できるでしょう。


経験を生かして不動産業界で転職するならば

「不動産屋で働いていて、実績あります」とアピールするだけでは弱いです。必ず、宅建を取りましょう。

資格とは「一定レベルの業務知識があり、仕事の為の勉強をする人」と証明するものだからです。

 

プロとは、一般の人にわかりやすく専門分野を説明できること、宅建は最低限のレベルです、必ず取りましょう。

 

今年も10月第3日曜日が来ました、合格を祈ります。

《この記事を書いた人》

桜コンサルティング代表 菅 弘之 

宅地建物取引士・ファイナンシャルプランナー(二級ファイナンシャル技能士)

埼玉県で、個人向けの不動産コンサルティングに特化したサービスを提供しています。わかりにくいことをわかりやすく、安心安全な不動産取引をご案内します。家を買おうと思ったらお気軽にご相談ください。

新築一戸建ては仲介手数料無料でご紹介しています。アットホーム・SUUMO等の掲載物件、他業者様の現地販売物件等、お気軽にお問合せ下さい。

気になる物件はLINEでいつでもお問合せ下さい、仲介手数料無料で取り扱えるかお答えします。

友だち追加

メールはコチラから

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です