· 

【保証料0円の住宅ローン】メリットとデメリットとは?

事務手数料型と保証料型の選び方

保証料0円の住宅ローンのメリット・デメリット
保証料0円の銀行ローンは得なのか

低金利で保証料0円!うまい話には裏があるのか?

【保証料型】住宅ローンを借りるときは、銀行指定の保証会社に「保証料」を払い保証してもらいます。住宅ローンの審査は、銀行と保証会社が行い、銀行がOKでも保証会社がNGならローンの借入れができません。これを保証料型といい、従来広く使われています。

ポイント:①保証料は、繰り上げ返済やローンの借り換えをすると戻り金があります。

②保証料は一括払い、または金利上乗せ(0.2%乗せ)で払える。

 

【事務手数料型】従来の保証料型より低金利、ネット銀行から始まりました。「保証料」を払わない代わりに「手数料」を払います。手数料は融資金の2.2%が多いです。安価な定額手数料の設定をしているところもあり、初期費用が少なくなりますが定額手数料型は金利が上がるため、低金利のメリットが薄れます。

事務手数料型も保証会社を使っており、審査は保証会社が行ない、保証会社が抵当を設定するのは保証料型と同じです。

ポイント:①事務手数料は、繰り上げ返済やローンの借り換えをしても戻り金がありません。

②事務手数料は一括払いが基本。定額手数料と選べるところもある。

埼玉りそな銀行は保証料型と手数料型か選べます、ポイント解説

【埼玉りそな銀行】

例えば、借入3000万円、期間35年として、埼玉りそな銀行の融資手数料型と保証料型(従来型)の2種類を比較してみると

①融資手数料型:変動金利0.47% 融資手数料が66万円(3000万×2.2%)

月々の支払:77,478円支払総額32,540,766円 利息2,540,766円

 

②保証料型:変動金利0.525% 保証料が61.8万円

月々の支払:78,207円支払総額32,846,960円 利息2,846,960円

となります。

融資手数料型は、月々729円、年間で8748円、35年間で306,194円保証料型より支払いが少なくなります。

借り入れ時に払う 保証料と手数料の差額は42,000円あり、差額は約5年(4.8年)後に解消されます。

※注:35年間、変動金利がそのままということはないと思います。あくまで現状での試算です。

①融資手数料型のメリットは低金利なこと、デメリットは保証料0円だが、事務手数料が掛かること。埼玉りそなは一括払いのみ。

②保証料型のメリットは、「繰り上げ返済」「ローンの借り換え」をしたときに、保証料の戻りがあること、保証料を0.2%上乗せで分割で払えること。デメリットは手数料型に比べて金利が高いことになります。

 

借入金額によりますが、概ね借入から15年位までに繰り上げ返済やローンの借り換えをしないならば、融資手数料型の方がお得になります。住宅ローン減税の期間(13年間)、繰り上げ返済の予定を考慮して決めましょう。

 

住宅ローンの保証料については、別記事:コチラをご覧ください

まとめ

保証料0円ローンは、低金利だが手数料が借入金額の2.2%かかる。

保証料型は繰り上げ返済、借り換えの際に戻りがあるが、融資手数料は戻りが無い。

概ね15年以上借りるなら手数料型、繰り上げ返済予定なら保証料型を選ぶと良い。

これから子育てでお金がかかる予定の方は手数料型がお勧めです。

埼玉で住宅購入のコンサルティングをしています。新築建売・リフォームマンションは仲介手数料無料です。

安心・安全でリーズナブルな住宅購入をアドバイス。LINEはじめました、友だち追加で気軽にお問合せ下さい。

友だち追加

メールはこちらから

メモ: * は入力必須項目です