· 

新築建売りの【諸費用見積もり】公開します!

・お問合せを頂くと諸費用の見積もりを返信しています、諸費用の項目を説明いたします。

《上記例》は、物件価格2360万円、頭金0円、諸費用込みで銀行ローンを組んだ、実際の諸費用を基にしています。

 諸費用は146万円。これ以外に掛かる費用はコチラの記事

 

①表題登記費用~新築建売は、建物が完成しても建物の登記がされてなく、登記費用は買主が負担します。

【支払先】売主指定の土地家屋調査士

 

②ローン保証料~銀行・信金等のローンは指定の保証会社にローン保証料を払うことになります。

 支払い方法は、一括前払い、分割払い(金利上乗せ0.2%)があります、この例は一括前払いです。

 ※保証料不要で、事務手数料型の銀行もあります、コチラを参照

【支払先】銀行指定の保証会社

 

③固定資産税精算金~固定資産税は1月1日の持ち主に掛かるため、売主と「引き渡し日」で日割り精算します。

 物件によって固定資産税は変わります、(都市計画税も同様に精算します)

【支払先】売主

 

④印紙代~売買契約書、住宅ローン契約書にはそれぞれ収入印紙を貼ります。印紙税は購入価格、ローン借入金で変わりますが

 埼玉県の一般的な建売は「・売買契約書:1万円 ・ローン契約書2万200円」です。

【支払先】印紙税

 

⑤火災保険料~住宅ローンは火災保険加入が条件となります。災害が多いので現金購入でも必ず加入しましょう。

火災保険は、保険の内容と加入期間で金額が変わります。地震保険は都道府県で掛け金が決まっています。

 火災保険は期間10年が最長(2021年から最長5年の予定)地震保険は年払い又は5年払いです。(長期割引適用で火災10年、地震5年)

【支払先】火災保険会社 見積もり例は「火災保険10年、地震保険5年」です。

 

⑥仲介手数料~仲介会社に支払う手数料。(取引価格(税抜き)×3%)+6万円に消費税が上限と法律で決まっています。 

 当店は、新築一戸建ての仲介手数料が無料(0円)

《例》は当初2480万円の物件でしたので88万円となっています(値引き交渉で2360万円に)

【支払先】不動産仲介会社 

 

⑦司法書士費用~司法書士費用は「登録免許税」が含まれています。

【支払先】売主指定の司法書士

 

⑧ローン事務手数料~銀行に支払う手数料です、銀行によって変わります。

【支払先】銀行

 

諸費用で、土地家屋調査士、司法書士費用と税金はどこの仲介会社でも変わりません。

買主が選べるのは、①銀行(ローン借入先)②火災保険(保険会社)③仲介手数料(仲介会社)となります。

 

家を買おうと思ったら必ず「諸費用の見積もり」を貰い、内訳の説明と節約のポイントを確認しましょう。

仲介会社、銀行によって費用が結構変わります。

 

埼玉で新築一戸建てをお探しならば、ぜひ当店へお問合せ下さい、お待ちしております。

気になる物件はいつでもLINE・メールでお問合せ下さい!購入見積もり返信いたします

埼玉県の新築一戸建てを仲介手数料無料で仲介いたします。アットホーム・SUUMO等に掲載されている物件(他社掲載物件OK)や現地販売で見かけた物件(他社のぼりの物件でOK)を手数料無料で買えます、お気軽にお問合せ下さい、お待ちしています。

友だち追加