· 

【手付金とは】いつ、いくら払うのかを解説

建売の手付金の意味と相場について
新築建売の手付金相場とその意味とは

建売購入の手付金は、解約手付という種類のものです

民法では、手付金を3種類に分類しています。

不動産売買時の「手付金」の意味を説明いたします。

建売購入時の手付金は、「解約手付(かいやくてつけ)」という種類のものです。

 

解約手付とは、売買契約時に買主から売主へ支払うもので「売主又は、買主が履行の着手をするまでは、買主は手付を放棄し、売主は手付の倍額を返すことで契約を解除できる」というものです。

売買契約をした後に「やっぱりやめる」とき、買主は手付を放棄(手付流しといいます)逆に売主が「やっぱり売らない」という場合は、手付を倍にして返すというものです。

(売主からの解約は、まず無いです)

決済引き渡し時には、物件代金の一部になります。

 

買主が手付を流して契約を解除できるのは、

売主が履行の着手をするまで、具体的には売主が「引き渡し、移転の登記手続きに着手」したとき。とされています。

その後に契約解除する場合は「違約金」を支払うことになりますので注意しましょう。

手付金はいつ、いくら用意する?

手付は売買契約時に売主へ払います。売主は収入印紙を貼った領収書を発行します。

無事決済を迎えると物件価格の一部になりますので、金融機関から「住宅ローン」で借入が出来ます。

但し、まだローンの申し込み手続き前なので、現金を用意する必要があります。

埼玉の新築建売相場は、30万円~50万円です。

 

手付金を、キャッシングやカードローンで用意すると住宅ローン審査に影響しますので、手持ちがないときは知人友人親兄弟に借りましょう。(一か月後には住宅ローンで返せます、もしもローンが通らないときは手付金は戻ってきます)

 

不動産会社が「手付貸します」というのは、宅地建物取引業法で禁止されています。

間違っても「親切な業者さんだ!」と、思って借りてはいけません。

住宅ローン特約(解除)で、手付は戻ります

もしも住宅ローンが通らなかったら、手付金は戻ってきます(住宅ローン特約)

 

売買契約は、ローンの事前審査承認後に行うのが一般的で、売買契約後すぐに、ローンの本申し込みをします。

ローン本審査が承認されない場合は、売買契約は解除になり手付金は戻ります、これをローン特約(ローン解除)といいます。

売買契約書に貼った収入印紙は戻りませんが、手付は全額戻ってきます。

 

もちろんですが、「手付流しは嫌だが、契約解除したい」為に、ローン審査を申し込まなかったりすることは認められません。

手付金の相場は?
手付金の支払い時期と、相場はいくら

まとめ

①手付金は、解約手付という種類のもの。売買契約後に買主は手付を流し、売主は手付の倍返しで解約できる。但し「履行の着手前」その後は違約金が発生するので注意。

②手付金は売買契約時に現金で支払う、埼玉の相場は30万円から50万円。

③物件価格の一部の為、住宅ローンで借入できるがローン申し込み前なので用意しておく(キャッシング、カードローンはローン審査に影響するので使わない)

④不動産業者に手付を借りるのは、法律で禁止されている。

⑤ローン解約は手付が戻ってくる(家は買えない)

友だち追加

埼玉県で住宅購入のコンサルティングをしています、新築一戸建て、リフォームマンションは仲介手数料無料です

気になる物件はLINEでいつでもお問合せ下さい、仲介手数料無料で取り扱えるかお答えします。

メールはコチラから

メモ: * は入力必須項目です