· 

【2024年10月】火災保険値上げの話

2024年火災保険値上げ
2024年10月火災保険値上げ

過去最大級の値上げが控えています

今回のポイント2点あります。

①令和6年10月1日から、個人向けの火災保険の参考純率が上がることを受け、火災保険料が全国平均で13%も上がります。

火災保険料は建物の構造(マンション・木造建築等)、築年数、都道府県で異なります。

「参考純率」はご存じない方が殆どと思います。「参考純率」の説明および、火災保険料の内訳についてはコチラのサイトが分かりやすいです。

 

 

②全国一律だった「水災保険料」を水災リスクで1等地から5等地に区分けし市町村別の保険料になります。

リスク1が保険料が安く、5が一番高くなります。

ちなみに、自店の商圏である東武伊勢崎線沿線(幸手、久喜、春日部、杉戸、越谷は、5等地。宮代、白岡は4等地です)

あなたの街の水災リスクは何等地か知りましょう

あなたの街が何等地かはコチラ(損害保険料率算出機構サイト)で調べられます。

 

1等地と5等地では、火災保険料が1.2倍となる見込みです。

保険料を無理なく抑えるポイント

お客様に保険料を抑える方法としてお伝えしていることは

 

①長期で掛ける~割引があります。現在は最長で5年(2015年までは最長35年、2022年までは最長10年でした)

②無駄な保険は掛けない~保険を掛けすぎないこと。特約を付けるときは現在加入中の保険と重複していないか確認する。

③複数の見積もりを取る~加入内容で保険料がどう変わるのか、同じ内容で他の保険会社と比較してみる。勤務先で提携している保険会社があるか確認してみる。

保険は掛けすぎない
火災保険料を無駄なく掛ける

《この記事を書いた人》

桜コンサルティング代表 菅 弘之 

宅地建物取引士・ファイナンシャルプランナー(二級FP技能士)

メール・LINEでいつでもお問合せ下さい

埼玉県の不動産屋です。わかりにくいことをわかりやすく、安心安全な不動産取引を実現します。「買いたい」「売りたい」いずれもご相談ください。

新築一戸建ては仲介手数料無料でOK。アットホーム・SUUMO等の掲載物件、他業者様の現地販売物件等、お気軽にお問合せ下さい。

友だち追加

〈前の記事  次の記事〉

メールはコチラから

メモ: * は入力必須項目です