· 

お得な提携ローン!それって誰トク?

不動産屋に「うちは取引が多いので提携ローンがあるんですよ」と言われると「お任せします!」となりますよね。

 

《提携ローンとはどういうもの?》

・銀行(金融機関)の提携ローンを提携先によって分類してみます。

取引先の大企業の従業員向けに提携するローン。メガバンクが大企業(東証1部上場で優良企業)の勤務者向けに優遇条件を出すもの

⇒あなたが大企業に勤めているなら福利厚生を確認しましょう。

 

取引先ビルダーが販売する物件に優遇条件を出すもの。ビルダーが提携している銀行の融資条件があなたに合えばお得です。

⇒買主は購入物件から入るので、どこの銀行とビルダーが提携しているのか不動産屋に聞いてみましょう。

 

不動産屋と提携しているローンのこと。銀行には不動産屋向けにローンセンター(埼玉りそなはローンプラザ)という窓口があり、不動産屋は買主の代行でローンの手続きができます。⇒買主(ローン借主)は手続きを不動産屋に代行してもらえるメリットがあります。

因みに金利、手数料、保証料は買主の審査によります。特定の不動産屋に優遇金利を出すことは無いです。

 

【提携ローンに明確な定義はありませんが、実務で知る範囲ではこんな感じです】

 

提携ローンは「優遇ローン」と限らない!?

《提携ローンは誰得?》という視点で見てみると

①銀行は安定した収入が見込める方に貸し出ししたい。大企業と提携しているローンは銀行も借りる人も得(ウィンウィン)

 一流企業の方は好条件ですが、あんまりそういう方はいません(うちに来ないだけかも)

②飯田グループ(一建設、アーネストワン、アイディホーム等)の物件は提携ローンで金利優遇の銀行があります。購入時には確認しましょう⇒誰でも優遇してもらえるケースはこれ!

③不動産屋の提携ローンは、手続きを代行してもらえるので多くの方が利用しています、不動産屋はローンを斡旋することで銀行から利益を受けることはありません。

(他社さんの見積もりを見せてもらうと)買主に「5万~10万円位のローン代行料」を請求する業者さんは多いです。「ローン代行料11万円」というのが今年見た中で一番高かったです。⇒万円単位の代行料なら自分でローン手続きしましょう(スマホでできます)

 

《結論》

①提携ローンは優遇ローンとは限らない

②誰でも優遇してもらえるのは「売主業者さんが提携しているローン」但し、必ずしも一番条件がいい銀行とは限らないので選択肢の一つと考える。

③不動産屋の提携ローンとは「ローンセンターに持ち込みができる」という意味。優遇条件は期待できない、代行料がかかるのか必ず確認しましょう、得するのは不動産屋だけということもあります。

 

※当店も提携ローンをお勧めしています。あなたにピッタリなローンをご紹介、手続き代行、条件交渉もいたします。もちろん手数料は無料です。

気になる物件はLINEでいつでもお問合せ下さい、仲介手数料無料で取り扱えるかお答えします。

友だち追加

メールはコチラから

メモ: * は入力必須項目です

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。