· 

新築建売【売主直売】の注意点について

新築建売の売主直売で注意すること
建売の売主直売で注意すること

売直(うりちょく)は仲介手数料が不要のはずが!?

【基本のルール】不動産は売主から直接購入すると仲介手数料はかかりません。仲介者がいないのでそうなります。

 

仲介手数料は物件価格2000万円(税抜き)なら約70万円、3000万円の物件なら約100万円も掛かりますから節約したいポイントです。

 売主直か仲介かで大きく諸費用が変わるので、その見極め方は以前記事にしました。

⇒〈のぼりを立てて現地販売しているので「売主だと思って商談を進めたら実は仲介だった」はコチラ

 

今回は、さらに分かりずらく注意が必要な【売主傘下の仲介会社から建売を買うと仲介手数料が掛かる】を解説します

 

例えば、飯田グループの物件サイト「すまい―だ」の問い合わせ先【ホームトレードセンター※】は飯田グループの会社ですが

ココから購入すると仲介手数料が掛かります。売主直売と思って見積もりを貰ってから初めて気づく方が多いです。

 

KIスター不動産の物件を、KIハウジングセンターから購入するとやはり、仲介手数料が掛かるようです。

(私もお客さんに見積もり書を見せてもらうまで、売主直で手数料不要と思っていました)

近年増えているパターンで実に分かりにくい仕組みと思います。

(注:傘下の仲介会社が自社の物販で仲介手数料を請求するのことの是非は別とします)

 

いずれのケースも当店にご相談いただければ「仲介手数料無料(その他の手数料も無料)」になることが多いです。

お気軽にお問合せ下さい。

【売主直売】で多いご相談

購入希望者より【売主直売】でよく相談されることは

①銀行ローンの斡旋をしてくれない⇒ローンで購入するのが普通です、必ずローン紹介をしてくれます(と思います)。

②重要事項説明書を買主が作成しなければならない⇒重要事項説明書は売主が作成します、説明する宅建士の記名捺印が必要なので、一般の買主が作成することはありません。

③条件交渉(価格交渉含む)を自分でしなければならない⇒これはそうです、不動産業界特有の取引ルールがあり、条件交渉は難しい点はあります。

①、②は「ネットで見た」とのことで検索したらホントにそういう記事がありました「重要事項説明書を買主が作る」訳はありません。

ネットをうのみにするのはやめましょう(私も気を付けます)

 

自社物件は直売のみの業者は販売部門がありますので、売主直売で購入するのが良いと思います。

一方、売主直で買えるけど自分だけでは不安なので仲介を依頼するというケースもあります。

その場合は仲介手数料無料の業者に依頼すると良いでしょう、当店も仲介に入ることはたまにあります。

 

お気軽にご相談ください。

《この記事を書いた人》

桜コンサルティング代表 菅 弘之 

宅地建物取引士・ファイナンシャルプランナー(二級ファイナンシャル技能士)

気になる物件はLINEでいつでもお問合せ下さい、購入見積もり返信中!

住宅は、一生に一度の大きなお買い物。安心安全かつお安く買う方法をご提案!家を買おうかなと思ったらお気軽にご相談ください。

新築一戸建ては仲介手数料無料でご紹介しています。アットホーム・SUUMO等の掲載物件、他業者様の現地販売物件等、お気軽にお問合せ下さい。

友だち追加

メールはコチラから

メモ: * は入力必須項目です